TOP > スマートな社長 > 円滑な事務と現場の情報共有を実現

円滑な事務と現場の情報共有を実現

円滑な事務と現場の情報共有を実現

本日ご紹介するスマートな社長は、株式会社フロアエージェントの又吉社長です。

o0480070013684657472
東京都足立区で土間工事、左官工事を行っていらっしゃいます。
事務作業3名、職人さん30名と規模を拡大する中で、管理はすべてExcelで行っていらっしゃいました。

膨大なExcel管理は事務と現場の情報共有を妨げる

ーBALENAを利用する前はどんな課題がありましたか?

とにかくExcelが膨大で複雑でした。
見積り書、請求書、出面管理、人工管理、支払い管理をすべてExcelで行っていましたから。
人員手配や段取りはgoogleカレンダーで行っていました。
請求や支払いはgoogleカレンダーから手入力で起こしていたので、記入漏れや計算間違いのリスクも抱えていました。

ー職人さん30名の人工管理は大変ですね。事務作業は社長含め3名ですよね?

そうです。月末の締め作業の手計算は本当に大変でしたね。
BALENAになると人工計算や支払い管理がボタンひとつでできるので、今までの苦労が何だったのかというほどスムーズです。
その結果、事務と現場の情報共有も円滑になっていますし間接的な効果も出ています。

ー事務作業をされている方が、誰に確認していいかわからないという状況はよく聞きますね。

情報共有が円滑になることで、現場もスムーズに回りますしさらなる会社の拡大に繋がっていきます。

ー取材協力ありがとうございます。

BALENAを駆使している会社さんは、
見積書や請求書作成、顧客管理などの事務作業の効率化を通じて、
円滑な組織体制作りに役立てていらっしゃるようです。

BALENAユーザー様の中で、
BALENAを使ってさらに会社の組織体制を見直していきたいとお考えの方は是非ご相談くださいね。

2016年8月15日投稿

お問い合わせ

この機能を自社に取り入れたいという方はこちらからお問い合わせください。

BALENAユーザー様区分  BALENAユーザー 新規のお客様
御社名
ご担当者名
お電話番号
Mail
お問い合わせ内容

ユーザー様にはサポートチームよりご連絡させていただきます。

新規のお客様は営業担当より無料デモのご案内をさせていただきます。