TOP > スマートな使い方 > 請求機能の使い方

請求機能の使い方

請求機能の使い方

日々案件数が増え、追加見積もりも増える中、請求処理を完璧にこなすのは簡単ではないですよね。
皆さんの会社は、「請求漏れ」していませんか?
BALENAの請求機能を使って請求書作成の負担を減らしましょう!

以下は、BALENAユーザーさんの請求処理に関する悩みです。

建設業界の請求管理、ここが大変!

・見積書、請求書を作成するにあたり、別々のエクセルフォーマットやソフトを利用しているため見積もりの内容を請求書にも二重に入力する必要がある
・どの案件が請求済み、未請求か情報共有できていない
・現場の担当者に請求内容について逐一確認しなければならない
・出来高請求の管理が大変、残金はいくらだったかすぐに確認したい
・請求もれ、二重請求が発生している

請求漏れは経営リスクに直結する課題ですね。
BALENAの請求機能を使って、請求業務をすっきりスマートにしましょう!

BALENAで請求機能をマスターする!

請求機能❶:見積もりと請求が連動しているからワンクリックで書類作成ができる

BALENAは見積もりと請求が連動しているので見積りの内容をそのまま請求書に変換できます。
見積もり情報を検索して、作成ボタンをワンクリックで完了です!
スクリーンショット 2016-08-29 9.14.43

無料デモだとこの機能だけで感動してくださるお客様もいらっしゃいます。
スクリーンショット 2016-08-29 9.19.52

請求機能❷:工事内容の変更に伴う修正も簡単にできる

工事に伴って見積もりの内容が変更になることは、日常茶飯事ですよね。
請求書の内容は、下記のように単価を直接入力し直すこともできます。
スクリーンショット 2016-08-29 9.54.40

請求機能❸:出来高部分のみの請求書作成も可能です。

出来高で請求を行う場合、下記のように出来高のパーセンテージで入力すると、自動で金額が算出されます。
スクリーンショット 2016-08-29 9.21.46

もちろんワンクリックで書面へ反映されます。
スクリーンショット 2016-08-29 9.25.45

請求機能❹:合計請求書も作成できます

一定期間内に同じ会社から複数工事の依頼があったときは、合計で請求書を発行することもできます。

スクリーンショット 2016-08-29 9.34.15

まとめたい工事にチェックを入れて決定ボタンを押すだけで完了です。
スクリーンショット 2016-08-29 9.34.39

複数工事が合算された請求項目画面に移行します。このページで請求金額を変更することもできます。
スクリーンショット 2016-08-29 9.39.22

下記のような合計請求書が出来上がります。
スクリーンショット 2016-08-29 9.39.47

請求機能❺:顧客の請求書必着日もすぐに確認できる

いつまでに請求書を送らなくてはいけないというのも、請求先によって変わりますし、管理が大変ですよね。各社の請求書必着日も、工事受注台帳で確認できるので請求漏れをなくすことができます。

スクリーンショット 2016-08-29 9.48.05

いかがでしたでしょうか?
この中のいくつの機能を使えていらっしゃいますか?
もしまだ使えていないという機能がありましたら是非試してみてください。

また、使い方がわからない機能についてはご質問ください。
ご説明させていただきます。

BALENAでスマート経営を実現しましょう!

2016年8月30日投稿

お問い合わせ

この機能を自社に取り入れたいという方はこちらからお問い合わせください。

BALENAユーザー様区分  BALENAユーザー 新規のお客様
御社名
ご担当者名
お電話番号
Mail
お問い合わせ内容

ユーザー様にはサポートチームよりご連絡させていただきます。

新規のお客様は営業担当より無料デモのご案内をさせていただきます。