TOP > スマートな使い方 > 見積書の作成方法

見積書の作成方法

見積書の作成方法

今回は見積書の基本的な作成方法を紹介します。

これが見積書をつくるためのフォーマットです。
見積1

工事件名の入力

見積2

まず始めに工事件名を入力します。
すると顧客マスターが開きます。

顧客マスターからお客様を選択

見積3

開いた顧客マスターからお客様を選択します。

自社担当者・工期・支払い条件を選択

見積5

見積6

見積7

見積8

次に、この工事の担当者や工期・支払い条件など、項目内容に沿って設定していきます。

お客様の担当者も選択可能

見積9

必要であればお客様の担当者も設定しておくことができます。

税込or税別を選択

消費税込みで計算するか、税別で計算するかを選びます。

内訳選択をクリック

ここからが見積内容の入力です。

既に登録している見積項目が表示

見積10

内訳選択というボタンを押すと、既に登録されている見積内容の項目が一覧になって出てくるので、このなかから選んで金額を調整するだけで完成です。

数量や単価は手入力で変更可能

見積12

見積13

数量や単価は手入力で編集できます。

明細ボタンをクリックすると別の入力ページが開く

見積14

見積15

明細ボタンをクリックすると別の入力ページが開きます。
ここに入力した情報は、前の画面の大項目に紐づいて明細情報として登録されますので、階層を分けて見積書を作成することもできます。

見積書の出力

見積16

ここまで入力した情報は上のように出力されます。

印刷用紙を変えて表紙をつけて印刷することも可能

見積17

もちろん印刷用紙を変えて表紙を印刷することも可能です。

その他わからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

2016年12月4日投稿

お問い合わせ

この機能を自社に取り入れたいという方はこちらからお問い合わせください。

BALENAユーザー様区分  BALENAユーザー 新規のお客様
御社名
ご担当者名
お電話番号
Mail
お問い合わせ内容

ユーザー様にはサポートチームよりご連絡させていただきます。

新規のお客様は営業担当より無料デモのご案内をさせていただきます。