TOP > スマートな企業 > やり方を変えた、大正11年創業の工務店

やり方を変えた、大正11年創業の工務店

やり方を変えた、大正11年創業の工務店

あちらこちらで大規模開発が進む東京中央区。
そこで地域の発展・活性化に力を注ぐ則武工務店様。
小さい規模の施工から大きな工事まで承り、地元の催し物にも積極的に参加することで住民の方々との信頼を築いています。創業してからは、なんと95年が経ちます。

15387562_1177765268967344_119426238_o

勤務時間、残業時間、全員分を自分で計算してました

15356015_1177765112300693_2147119551_n

則武工務店様では、現在8名の方が働いています。
専務の奥様がご担当されている給与計算には、
クラウドの会計ソフトを利用していましたが、それとは別に源泉徴収の計算をする必要がありました。
その度に従業員ごとの毎月の就業時間はいつも奥様が数えていたのです。

BALENAは勝手に計算します。

それまでエクセルを使っていた日報を、BALENAで報告するよう切り替え、
社員さんの毎日の勤務時間、その日までの累計勤務時間を自動で算出するようにしました。
時給か日給か、通常勤務か残業かに分けて金額も設定できるので、
今月の残業代がいくらになっているのかも一目で把握することができます。

15387513_1177765688967302_179795709_o

それと同時に、専務もipadから報告内容を見られるようになったので、
工事が予定通り進んでいるか、電車の中や自宅でも確認しています。
いつでも予定と実績を照らし合わせることができるので、
先々の予定も立てやすくなったそうです。

全員違う見積書の書式

以前は見積書の作成にもエクセルを利用していたそうですが、
使っていくうちに、書式が人それぞれ異なってしまっていたといいます。

15409743_1177764842300720_1182652300_o
(則武専務)

工事の規模によってもフォーマットは異なっていたのですが、
印刷してみるとお客様の名前が名字しか入っていなかったり、
項目の記載場所が人それぞれ異なっていたり、
同じ「見積書」なのに人によって全然違ってたんですよ。

その点BALENAは出力フォーマットが全員揃うので、誰が作成しても安心です。
お客様情報もマスタから引っ張ってくれるので、名前もちゃんとフルネームで入るようになりました。

15368791_1177764502300754_1891672035_o

それに見積の項目もマスタにできるので、
内容と数量は社員に入力をお願いして、
最後の確認と金額調整を私がするフローで役割を分けてます。
私はipadを持ち歩いているので、どこでもそういった書類の作成・確認ができるのは嬉しいですね。(休みの日に見てると家族から非難を浴びることもありますが。。。笑)
商談時に今必要なデータをその場で見返せるのも助かっています。(則武専務)

親子3代にわたって、地元の方々に安心できる住まいをご提供されている則武工務店様。
システムを有効的に活用し、ここからまた新しい歴史を作ります。
別の記事では、同社が積極的に行うWebマーケティングについてご紹介!
お楽しみに!

2016年12月10日投稿

お問い合わせ

この機能を自社に取り入れたいという方はこちらからお問い合わせください。

BALENAユーザー様区分  BALENAユーザー 新規のお客様
御社名
ご担当者名
お電話番号
Mail
お問い合わせ内容

ユーザー様にはサポートチームよりご連絡させていただきます。

新規のお客様は営業担当より無料デモのご案内をさせていただきます。