TOP > スマートな使い方 > 建設BALENAで段取りや人工計算が劇的に改善します。

建設BALENAで段取りや人工計算が劇的に改善します。

皆さんに業務の劇的改善をご提案するBALENA営業チームをご紹介します。

建設BALENAでは営業チームが日々、業務にスムーズにBALENAを取り入れられるようお手伝いしています。
今日は、営業スタッフ・一山に日々のお客様とのやりとりについてインタビューしました。

―BALENAのどんなところが支持いただいていると思いますか?

DSC03948

職人さんは、現場のBEFORE・AFTERを撮影して日報を作成するという業務があります。

それを会社で管理したり、施主様に報告書を出したりしています。
BALENAを用いて日報をアプリ上で記入することで、大幅な業務時間の短縮につながります。
内勤もその日の職人さんの動きが即座に確認できますしね。
BALENAには色んな機能がありますが、この点が便利だと言っていただけることが多いですね。

―BALENAを導入する前は皆さんどのような状況なんですか?

営業の方が、仕上がりの前と後の写真を撮れたら良いのですが、現場をたくさん抱えているのでどうしても立ち会えません。
そのため写真撮影は現場の施工担当者の仕事になります。
現場を進めながらデジカメで工程や仕上がりを撮り、事務所に戻った後、パソコンでリサイズするなど……
実務的な労務がかなりかかります。

DSC03944

そもそも、現場仕事は得意だけどパソコン作業をするのが得意じゃない人もいます。
パソコンが苦手な人からすると苦痛以外の何物でもないですよね。

けれども、そういう方でもスマホは持っています。
スマホを活用すれば、最小限の動きで完結できます。
スマホで現場写真を撮って、そのままスマホから日報を送信する。
こうした業務の時短が皆さんにかかる負担を軽減できていると思います。

職人さんにとっても報告にかかる業務時間を最短にできれば、体力温存や他の仕事に充てる時間ができます。
会社にとっては、残業代のコストを削減できます。

―人工計算にはどのように活用できるのですか?

DSC03937

人工計算はかなり膨大手間がかかっている会社さんが多いですね。
どの現場に誰が行くか最初に予定を立てるのですが、現場が動き始めてから状況が変わり、別現場に人員を動かす必要が生じます。
その結果、誰がどの現場に行くのか混乱するということが発生しているとよく聞きます。

ある会社では、この問題に対処するために、予定をA3くらいのエクセルで管理していました。
全現場が紙に書いてあるのですが、変更を加えるどうしても内容に漏れがでることがあると仰っていました。
朝現場に着いてから、間違いに気づいて慌てて現場に向かうなんてことも過去にあったそうです。

段取りの悪さが原因で工期が遅れるのは会社にとって大きな損失につながります。
5人が4人になると、1日工期が遅れ、まるまる赤字になります。
このような案件をたくさん抱えることは、リスクにつながりますよね。

そこでBALENAが登場します。
段取りや人工計算がシステム化することで、計算は瞬時にできますし間違いも起こりません。
また、職人さんも内勤の方もアプリから一目で現場の状況を把握することができます。

私たちの役目

DSC03970

私たちの役目は、第一に業務の効率化ですが、それに付随する会社経営のリスクの軽減であったり、働きやすい環境の実現など建設業界にある様々な課題に関わることができると思っています。
会社の全体的な課題解決に取り組めるようなBALENAの導入方法をご提案していきたいと思っています。

先日、とある会社さんからダブルブッキングがなくなり、工期を守れるようになったとのお声をいただきました。
それにより、コストも下がり利益率の向上にもつながっていると思います。

これからも、建設業界がよくなっていくためのお手伝いをさせていただきますので宜しくお願いします!

2017年2月16日投稿

お問い合わせ

この機能を自社に取り入れたいという方はこちらからお問い合わせください。

BALENAユーザー様区分  BALENAユーザー 新規のお客様
御社名
ご担当者名
お電話番号
Mail
お問い合わせ内容

ユーザー様にはサポートチームよりご連絡させていただきます。

新規のお客様は営業担当より無料デモのご案内をさせていただきます。