TOP > スマートな社長 > 居心地の良い社長の隣、足場工事会社の「楽しい」の創り方

居心地の良い社長の隣、足場工事会社の「楽しい」の創り方

繝励Ο繧ケ繝・ャ繝玲ァ禄201409-thumb-800x600-60

先日、伺った仮設足場の専門工事会社「PRO-STEP株式会社」。

 

事務所に案内されると途端に伝わってくる、働く人の温度。

聞こえてくる話し声も表情もそのトーンは明るく楽しそうで、一瞬で良好な人間関係が感じ取れます。

 

仕事を選択する際、誰もが心のどこかで願う、社内の風通しの良さ。

技能実習生5名を含む、全体23名の従業員の皆さんがご活躍されるPRO-STEPさんには、何か秘訣がありそうです。

社長の蔵持さんに、お話を伺いました。

 

 

居心地の良い会社

「うちの職人は現場から戻ってきてもなかなか帰らないんですよ。」

ふと蔵持さんから出た一言。

 

同社の職人さんたちは現場から戻ってくると、

まず事務所でその日の出来事や最近のトピックについて話しをするそうです。

 

その報告は義務としてではなく、自ずと集まってきて始まる会話。

単純に居心地が良いのだそうです。

 

決して珍しいことではありませんが、

誰もが気構えずにリラックスして話のできる空気は、仕事をするモチベーションに大きく影響します。

個人の変化や悩み課題は何気ない言葉の節々に現れるもの。

蔵持さんは、この時間が従業員を知ることができる大切なコミュニケーションの時間なのだといいます。

 

「皆が楽しく働ける環境を創ることは、私が会社を設立した理由の一つです。

仲が良いと言われると、少し照れくさいですが嬉しいですね。」(蔵持さん)

 

技能実習生が育ててくれた「人」

 

蔵持さんが開業したきっかけ。

それは、ぶっきらぼうな物腰の職人さんが多かった業界に感じた違和感でした。

教育の仕方や話し方、コミュニケーションのとり方を変えれば

もっと仕事の楽しさは膨らむはずだと独立したものの、その思いとは裏腹に入っては辞めていく「人」。

人の出入りが激しく、堂々巡りの振り出しの日々に頭を抱えました。

ここで救世主となったのは、技能実習生でした。

 

始めは文化の違いを支えていけるか不安もありましたが、

「一生懸命働いてくれる」「三年は居てくれる」

それを頼りに受け入れを決めます。

ほとんど日本語がわからない状況で、うまくやれるのか。

半年後、その心配は感謝に変わります。

 

理由は技能実習生と、教育を担当する若い職長さんたちの目に見えるような成長でした。

これまで「年上の後輩」にやりづらさを感じるなど、教え方に戸惑う事が多かった職長さんたち。

しかし真面目に、熱心に仕事に取り組む技能実習生とは四苦八苦しながらも

年齢の壁も言葉の壁も乗り越え互いに学び合える関係を築くことができたのです。

 

それから職人さん同士の人間関係も改善され、人が定着するようになったと言います。

技能実習生の存在が、人材育成を助長しているのがよくわかるお話です。

 

安心して働ける福利厚生

繝励Ο繧ケ繝・ャ繝玲ァ禄DSC_0056

そして楽しい環境づくりに無くてはならないもの、「安心」。

 

先日、社員である職人さんのご家庭に、お子さんが産まれ、

福利厚生の一つとして行っている共済保険への積立から出産のお祝い金を贈ったと

嬉しそうに話す蔵持さん。

会社からの支援は従業員本人だけでなくその家族へも繋がります。

こういった取り組みも、事務所に入った時に感じた暖かい雰囲気を作っている要因のようです。

 

「うちでは雇用形態は本人の意向を尊重していますが、

どのような形でも給与体系や福利厚生の面で安心して働いてもらえるよう、

これからも努めていきたいと思っています。」(蔵持さん)

 

職人の技術力向上、会社の規模拡大と常に目線を高く維持し、

様々なコミュニティで人脈と可能性を拡げる蔵持さん、そして支える周りの従業員の皆さん。

今後の会社を一緒に盛り上げてくれる職人さんも募集しています。

太田市でお仕事をお探しの方、楽しく働ける環境はここにありますよ!

 

2017年3月24日投稿

お問い合わせ

この機能を自社に取り入れたいという方はこちらからお問い合わせください。

BALENAユーザー様区分  BALENAユーザー 新規のお客様
御社名
ご担当者名
お電話番号
Mail
お問い合わせ内容

ユーザー様にはサポートチームよりご連絡させていただきます。

新規のお客様は営業担当より無料デモのご案内をさせていただきます。