TOP > 建設業界最新ニュース > 建設現場の生産性向上と労災防止を促進するi-Constructionとは?

建設現場の生産性向上と労災防止を促進するi-Constructionとは?

生産性の向上や作業員の労働環境の改善は、日々の建築現場における目下の問題です。とはいえ、現場で働く人々の努力だけで改善を図ろうとすると、場当たり的な解決策がほとんどで、抜本的な問題解決には程遠い状況でした。そんな中、2015年12月に国土交通省はICT(情報通信技術)を建設現場で活用することで、建築現場の生産性向上と魅力ある建築現場にすることを目指す取り組み、「i-Construction(アイ・コンストラクション)」の導入を決定しました。この記事では「i-Construction」とはそもそも何なのか、導入することで見込まれるメリットや活用方法を解説していきます。

 

i-Constructionとは?

camera-2585494_1280

建築現場の生産性向上を目指し、建築現場における測量、設計、施工計画、施工、検査の一連の工程において3次元データ等を活用し、情報化することを前提とした新基準のことを指します。具体的には、3Dマシンコントロール等を使った情報化施工、構造物の3次元モデルを使って設計・施工を行うCIM(コンピューター支援設計システム)、ドローンやロボットを使用した構造物の点検・補修など、様々なICT関連の技術を現場で活用していきます。i-Constructionの3つの柱として「ICT技術の全面的な活用(土工)」「規格の標準化(コンクリート工)」「施工時期の平準化」が掲げられています。

 

i-Constructionに期待されること4

現場に導入することで、生産性の50%向上と、それに伴うよりよい業界の実現が期待されています。具体的にi-Constructionが目指していること4つを紹介します。

1.一人一人の生産性を向上させて、企業の経営環境を改善

d86029785d456c68b555708978edba6e_s

そもそも、建築業界の生産性が低い理由として

⑴労働集約型の単品受注生産

⑵複雑な分業体制

⑶90%以上が中小企業(=資金的余裕がない)

という建築業界独特の特徴がありました。i-Constructionの導入によって、これまでより少ない人数、工事日数で同じ工事量を実施することを目指します。

 

2.賃金水準の向上を図り、魅力ある建設現場に

0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s

企業の経営環境が向上すれば、支払われるべき人件費を正当に支払うことも可能になります。

 

3.新3Kの実現を目指す

be049702d9d9660a0e06075263467e32_s

これまで、建築業界の労働環境は3K(キツイ、汚い、危険)と言われてきました。ICTを活用するi-Constructionを導入して省人化・省力化することで、新3K(給与が高い、休暇が取れる、希望が持てる)の実現を目指しています。業界に対するイメージアップによって建設業界を志す人材確保の一翼も担うのです。

 

4.建設現場の安全性を飛躍的に向上させ死亡事故をゼロに

a4b447b65044da7f0abfa63ed7f9df67_s

あらゆる工程をICTの活用によって肩代わりさせることで、現場状況の正確な把握を可能にし、作業する上でのリスクを事前に軽減させることができます。また、生産性が向上すれば作業員の過労を防ぐことができるため、注意力散漫による事故を未然に防ぐことができます。このように、現場で重大な事故が発生するリスクを排除できるため、安全な労働環境が実現します。

 

 

i-Constructionの現場活用

i-Constructionを導入すると、一体どのように現場で活用することができるでしょうか?

スクリーンショット 2017-09-12 18.53.18

画像参照:国土交通省

上の画像のように、従来だと時間をかけて作業員が行ってきた各工程を、それぞれ適合するICT技術を活用させることで短時間かつ高精度で遂行させることが可能になります。職人の技術がモノをいうと考えられていた建築業界ですが、このようにうまくICTを活用していくことで、根強く存在していた建築業界の諸課題を解消する道筋になりそうです。

 

 

2017年9月24日投稿